ブックタイトル川場村観光ガイドブック

ページ
24/44

このページは 川場村観光ガイドブック の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

川場村観光ガイドブック

先人たちの想いの結晶。岩観音菩薩磨崖仏群岩観音菩薩磨崖仏群(谷地打越) 岩肌に掘られた石仏を磨崖仏といいます。川場村にある磨崖仏は、高さ25mの岩壁に33体の観音像と1体の弁財天像が刻まれた見事なもの。これは、南北朝の戦乱の頃に戦没者を弔うために刻まれました。当時は彩色されていたようで、今もよく見れば赤や緑の色が残っています。(岩観音菩薩磨崖仏群の前には電気柵が設置されていますのでご注意ください。) それ以外にも、川場村を歩けば、寺や神社だけでなく道端のいたるところでさまざまな表情の石仏に出会うことができます。その数なんと100体以上。先人が願いや祈りを込めた石仏は、ときにやさしく、ときにユーモラスな表情をしています。ぜひ会いに来てくださいね。MAPp.3720